健康産業新聞に掲載されました(2011/6/1発行) - 機能性食品素材 - アークレイ | 記事掲載 - アークレイ

機能性食品素材

健康産業新聞に掲載されました(2011/6/1発行)

健康産業新聞の「美肌素材特集」に「AGハーブMIX」、「メタボ対応素材特集」に「ビレチン」の記事が掲載されています。

美肌素材は2トップとして「コラーゲン」「ヒアルロン酸」、これに続いて「プラセンタ」「エラスチン」の高級商材も台頭し活気が増している。次なるトレンドとを待ち望んでいる業界では抗糖化素材にも注目が集まっているとのこと。紙面では「AGハーブMIX」の紹介、学術トピックスとしてコラーゲン特異的なAGEsであるCMA(カルボキシメチルアルギニン)の生成阻害効果が掲載されています。「メタボ対応商材」では2000万人をくだらないメタボ該当・予備群の方に対してはエビデンスを確認した食品の提案が活発に行われているとのこと。東京大学医学系研究科の門脇孝教授のインタビューが掲載されており、「アディポネクチンの分泌不足の改善が、メタボ対策のカギ」とのこと。紙面では「ビレチン」のヒト試験でのアディポネクチン増加効果などの紹介がされています。

コメントを投稿

You must be logged in to post a comment.

トラックバック URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。