函館新聞に海藻活用研究会の記事が掲載されました(2017年2月10日) - 機能性食品素材 - アークレイ | 記事掲載 - アークレイ

機能性食品素材

函館新聞に海藻活用研究会の記事が掲載されました(2017年2月10日)

函館新聞に海藻活用研究会の記事が掲載されました(2017年2月10日)

函館の産学官が連携し、大型海藻の有効活用や産業化を図るため「海藻活用研究会」(会長・安井肇北大大学院水産科学研究院長)が発足した。近年、海のスーパーフードとして注目される函館産アカモク(褐藻)を使った粉末の食品原料化を目指す。年内をめどに、商品を発売する予定だ。

理事になったからだサポート研究所は函館市臨海研究所(大町)に研究室を構え、2015年から函館で海藻の研究を始め、今後アカモク粉末の食品・サプリメントへの活用を展開する。

コメントの受付は締め切りました。