日刊工業新聞に海藻活用研究会の記事が掲載されました(2017年3月16日) - 機能性食品素材 - アークレイ | 記事掲載 - アークレイ

機能性食品素材

日刊工業新聞に海藻活用研究会の記事が掲載されました(2017年3月16日)

日刊工業新聞に海藻活用研究会の記事が掲載されました(2017年3月16日)

アークレイは、北海道大学や北海道函館地域産業振興財団(北海道函館市)などと「海藻活用研究会」を設立した。産官学が連携して、アカモクなどの海藻を生かした機能性素材を開発することで健康関連産業の活性化を目指す。

同会には、宏輝(東京都千代田区)、ノース技研(函館市)、ソワレインターナショナル(兵庫県川西市)も参加。海藻に多く含まれる成分「フコキサンチン」は脂肪燃焼促進に効果があるとされ、フコキサンチンを高濃度化できる技術や、函館産の海藻を用いた機能性素材の開発に取り組む。

コメントの受付は締め切りました。