いま話題の注目素材「AGハーブMIX」の秘密があきらかに!

 
「酸化」じゃなくて「糖化」って??
 

パンケーキ

 

糖化を防ぐこと、それが「抗糖化」

パンケーキを焼いたり、たれのついた焼き肉を焼いたり。
ほんのり甘いにおいと焼き色。お肉も赤身が消えて、いい色づきとともに食べごろです。
でも目を離したすきに真っ黒!なんてことないですか?

 

酸化は「さび」、糖化は「焦げ」

糖化は糖とたんぱく質が仲良しになること。
私たちにはおいしいこの現象も、体の中の糖とたんぱく質が仲良くなってしまったら・・・進んだ糖化は焦げと同じです。
時とともにお肌は硬く弾力がなくなって、白さも失われてしまいます。

 

AGEsは廊下物質

一度仲良くなった糖とたんぱく質は離れてくれません。
この焦げであるAGEsは年齢とともに蓄積し、コラーゲンにたまると肌の弾力が低下します。
さらにこのAGEsは肌のターンオーバーを邪魔し、
肌のたるみやくすみを進めてしまうのです。

 



糖化と抗糖化   糖化のメカニズム

もう少し具体的に糖化と抗糖化を紹介しましょう。


糖化とは糖とたんぱく質が仲良くなること。
体内でエネルギーとして使用されずに余った糖。

それとお肌や体を作るたんぱく質が結合すると、たんぱく質が糖化していきます。

 

糖とたんぱく質?ちょっと分かりにくいですか?


パンケーキを例に出しましょう。
パンケーキを作る時は小麦粉と砂糖、そして卵や牛乳を混ぜて生地を作り、
フライパンでこんがりと焼き色をつけますね。
糖は、ここでいう小麦粉や砂糖、たんぱく質は卵や牛乳です。

こんがりとついた焼き色、これが糖化です。


パンケーキはこんがりと香ばしく美味しくなります。
でも、これが体内でおこると・・
・弾力が失われ、肌にはたるみやシワがうまれ、骨や内臓の老化にもつながります。


これを人のお肌にたとえると・・・
右の図を見て、これが自分のお肌で起こったら、とイメージしてください。

抗糖化とは、糖とたんぱく質が結びつかないようにすること。

AGハーブMIXの4種のハーブは、糖化を防ぎます。

 
  糖化モデル(牛アキレス腱)
  糖化モデル(牛アキレス腱)
     
話題のAGハーブMIX?? 目指せ抗糖化ビューティー 糖化を防ぐライフスタイル

 

からだサポート研究所HPへ
Copyright (C) からだサポート研究所. All Rights Reserved.
o