異常タンパク質(老化たんぱく質) - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

異常タンパク質(老化たんぱく質)

異常タンパク質(老化たんぱく質)とは

  • 加齢とともに、本来の機能を失ったり、機能が低下したタンパク質が増加する。このようなタンパク質を異常タンパク質(老化たんぱく質)という。
  • 異常たんぱく質は、細胞機能に無益であるばかりでなく、積極的に害をおよぼすこともある。
  • 最近、多くの神経変性疾患(パーキンソン病、ハンチントン病、クロイツフェルト・ヤコブ病(プリオン病)など)が構造変化を起こした異常タンパク質の蓄積によって発症することが明らかになりホットな話題になっている。