アマドリ化合物(Amadori Compound) - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

アマドリ化合物(Amadori Compound)

アマドリ化合物(Amadori Compound)とは

  • 1986年にAhmedらによって、グルコースとリジンの反応産物の1つとしてアマドリ化合物(Amadori Compound)の構造が決定された。
  • In vitroにおけるアマドリ化合物(Amadori Compound)の主な生成経路はシッフ塩基あるいはアマドリ化合物の酸化的解裂によると考えられている。
  • 蛋白質中のアマドリ化合物(Amadori Compound)は酸加水分解に安定なこともあり,HPLC(high-performance liquid chromatography)法やGC/MS(gas chromatography/mass spectrometry)法で定量することが可能である。

アマドリ化合物(Amadori Compound)の構造式

アマドリ化合物(Amadori Compound)の構造式

アマドリ化合物(Amadori Compound)の構造式