β-クリプトキサンチン(beta-Cryptoxanthin) - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

β-クリプトキサンチン(beta-Cryptoxanthin)

β-クリプトキサンチン(beta-Cryptoxanthin)とは

  • β-クリプトキサンチンとは、ヒトの血中に高濃度で存在するカロテノイドの一つであり、キサントフィルに分類される。
  • β-クリプトキサンチンは、特に柑橘類の中では温州みかんに最も多く含まれる。また、果実の内果皮(アルベド)、果肉の砂のう部分に多く分布している。
  • β-クリプトキサンチンは2つのβ-リング(β-ヨノン環)の一方に水酸基を持つため、化学的な性質はβ-カロテンやリコペンのような炭化水素系カロテノイドと、ルテインやゼアキサンチンのような両方のβ-リングに水酸基をもつ極性の高いカロテノイドとの中間的な性質を示す。

β-クリプトキサンチン(beta-Cryptoxanthin)の構造式

β-クリプトキサンチン(beta-Cryptoxanthin)の構造式

β-クリプトキサンチン(beta-Cryptoxanthin)の構造式

β-クリプトキサンチン(β-cryptoxantin)を高含有する健康食品原料

クリプトベータ

温州みかんエキス『クリプトベータ』は、β-クリプトキサンチン(beta-Cryptoxanthin)を高含有した健康食品原料です。

商品『クリプトベータ』の詳細情報はコチラ。