クリスタリン - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

クリスタリン

クリスタリンとは

眼の中にある水晶体を形成している構造タンパク質で主に α,β-,γ-クリスタリンが相互作用して秩序だった水晶体の巨大構造を維持している。

加齢に伴い、タンパク質に種々の構造変化が生じ、秩序構造が乱れ、凝集が進むと混濁が生じ,白内障となる。

タンパク質の秩序構造に変化をもたらす要素として現在までにタンパク質中のアミノ酸残基の酸化、リン酸化、ペプチド結合の部分的開裂、ラセミ化、異性化など様々な修飾が報告されている。