エラスチン - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

エラスチン

エラスチンとは

エラスチンとは、コラーゲンと同様に細胞外で働く繊維状の蛋白質で、ゴムのように伸び縮みする性質(弾性)があり、組織に柔軟性を与える物質である。

エラスチンは、皮膚の真皮・靱帯・腱・血管壁など伸縮性の必要な器官に広く分布する。しかし、加齢とともに含有量が減少していくため、しわやたるみの原因となる。

エラスチンとコラーゲンとはほぼ同じ部位に存在し、共に皮下の柔軟組織を構成している。

紫外線や活性酸素、ストレスなどがこの柔軟組織を壊していくといわれている。