PPARα - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

PPARα

PPARαとは

  • peroxisome proliferator-activated receptor-α(ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体-α)で転写因子PPARの1つ。

多く発現する臓器・組織

  • 肝臓
  • 腎臓
  • 心臓
  • 骨格筋
  • 褐色脂肪細胞組織

作用

  • PPARαは高脂血症改善薬の主要な標的
  • ①脂肪酸のβ酸化とω酸化促進

    ②FATP(fatty acid transport protein)・ACS(acyl-CoA synthetase)活性増加

    ③アポ蛋白A-Ⅰ合成・血清HDL-Cの増加

    ④LPLの合成亢進

    ⑤アポ蛋白C-Ⅲの合成抑制

    ⑥ACC(Acyl-CoA carboxylase)・FAS(fatty acid synthase)活性低下

  • PPARαは、NF-κBと結合するIκBを細胞内に増加させ、炎症を抑制すると考えられている。

標的遺伝子

  • Acyl-CoA oxidase
  • Apolipoprotein-AⅠ, AⅡ
  • Cytochrome P450 4A1
  • Fatty acid-binding protein
  • Fatty acid transport protein
  • Medium-chain acyl-CoA dehydrogenase
  • Acyl-CoA thioesterase
  • c-Myc
  • Cyclin D1
  • Fatty acid translocase(CD36)
  • Epoxide hydrolase
  • Glucose-regulated protein-94
  • など

内因性リガンド(内因性アゴニスト)

  • 多価不飽和脂肪酸(PUFA):リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸など
  • アラキドン酸由来物質:8-hydroxyeicosatetraenoic acid(8-HETE)
  • エイコサノイド:ロイコトリエンB4(LTB4)など

外因性アゴニスト(外因性リガンド)

  • フィブラート系薬剤:フェノフィブラート,ベザフィブラート,クロフィブラートなど

アンタゴニスト

  • GW6471(研究用試薬)
  • MK-886(研究用試薬)