PPARδ(β) - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

PPARδ(β)

PPARδ(β)とは

  • peroxisome proliferator-activated receptor-δ(β)(ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体-δ(β))で転写因子PPARの1つ。
  • PPARδとPPARβは同一物で、どちらかを記載する場合はPPARδとする(以下、PPARδと記載)。

多く発現する臓器・組織

  • 発生の初期から発現しているが、組織特異性がなく広く分布している。
  • PPARδが作用する中心的臓器は骨格筋と考えられている。
  • 持続運動により骨格筋でのPPARδ発現が増加する。

作用

  • 抗肥満
  • インスリン抵抗性の改善
  • 脂肪酸のβ酸化の亢進
  • ミトコンドリアの増加

標的遺伝子

  • Lipoprotein lipase(LPL)
  • PGAR(FIAF/ANGPTL4)
  • Integrin-linked kinase(IDK)
  • 3-phosphoinositide-dependent kinase-1(PDK-1)
  • Ubiquitin C
  • など

内因性リガンド(内因性アゴニスト)

  • プロスタサイクリン(PGI2)
  • 多価不飽和脂肪酸(PUFA):リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸など
  • アラキドン酸由来物質:15-デオキシ-Δ12,14-プロスタグランジンJ2(15d-PGJ2)

外因性アゴニスト(外因性リガンド)

  • GW501516(研究用試薬)
  • GW0742(研究用試薬)

アンタゴニスト

  • エイコサノイド:ロイコトリエンD4(LTD4)
  • GSK3787(研究用試薬)