PPARγ - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

PPARγ

PPARγとは

  • peroxisome proliferator-activated receptor-γ(ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体-γ)で転写因子PPARの1つ。
  • PPARγにはγ1,γ2,γ3の3種類のアイソフォームが存在する。
  • γ1とγ3はタンパクレベルでの発現形は同じ。
  • γ1とγ3はγ2よりアミノ酸残基で約30短い。

多く発現する臓器・組織

  • PPAR-γ1:心臓,筋肉,消化管,腎臓,膵臓,脾臓、骨髄、胎盤、脂肪組織、免疫細胞を含む多くの組織
  • PPAR-γ2:主に脂肪組織
  • PPAR-γ3:免疫細胞,大腸,脂肪組織

作用

  • 脂肪細胞の分化促進、小型化
  • インスリン抵抗性の改善
  • 脂肪組織、筋へのグルコースの取り込み促進
  • 膵β細胞の機能保持
  • 中性脂肪低下
  • HDL-Cの増加
  • small dense LDLの減少
  • 血管内皮機能の改善
  • 抗動脈硬化
  • 抗炎症

標的遺伝子

  • Lipoprotein lipase(LPL)
  • Fatty acid translocase(CD36)
  • Carnitine palmitoyltransferase-1(CPT-1)
  • Fatty acid-binding protein
  • Stearoyl-CoA Desaturase-1(SCD-1)
  • Adipose fatty acid binding protein(aP2)
  • c-Cbl-associating protein(CAP)
  • Perilipin
  • Adiponectin
  • PGAR(FIAF/ANGPTL4)
  • Matrix metalloproteinase-1(MMP-1)
  • Uncoupling protein-1(UCP-1)
  • Liver X receptor α(LXRα)
  • など

内因性リガンド(内因性アゴニスト)

  • アラキドン酸由来物質:15-デオキシ-Δ12,14-プロスタグランジンJ2(15d-PGJ2) 15-hydroxyeicosatetraenoic acid(15-HETE)
  • 酸化LDL由来:9-hydroxyoctadecadienoic acid(9-HODE) 13-hydroxyoctadecadienoic acid(15-HODE)

外因性アゴニスト(外因性リガンド)

  • インスリン抵抗性改善薬であるチアゾリジン誘導体:ピオグリタゾン,ロジグリタゾン,トログリタゾン、など
  • アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)の1つであるテルミサルタン

アンタゴニスト

  • エイコサノイド:ロイコトリエンD4(LTD4)
  • HX531(研究用試薬)
  • BADGE(研究用試薬)
  • GW9662(研究用試薬)