柑橘類のもつ機能性 | メルマガ Vol.2 - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

柑橘類のもつ機能性 | メルマガ Vol.2


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007.05.29. Vol.2━━
 □■□
 ■□■   ★アークレイ機能性素材通信★
 □■□                http://ebn.arkray.co.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 アークレイ株式会社からだサポート研究所より機能性素材に関するメー
 ルマガジンVol.2を配信させていただきます。。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★目次★
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  1)お知らせ
      ・ifiaJAPAN 2007(東京)
    ブース出展、出展社プレゼンテーション 明日より開催 
    ・日本栄養食糧学会(京都)
    『β-クリプトキサンチン』に関するランチョンセミナー報告
   ・『うんしゅうみかんエキス』の紹介

  2)特集
   ・『柑橘類のもつ機能性』
     柑橘類とは? 柑橘類中の機能成分は?

  3)コラム『京都6月の花 ~紫陽花~』

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.お知らせ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ★ifia JAPAN 2007 ブース出展、出展社プレゼンテーション開催★

  5月30日(水)~6月1日(金)、東京にて開催されるifiaJAPAN 
    2007においてブース出展と出展社プレゼンテーションを行います。
    混合ハーブエキス『AGハーブMIX』、シイクワシャー果皮エキス
  『ビレチン』を紹介いたします。
  また新たに、うんしゅうみかんエキスを紹介いたします。
  各素材のヒトでの試験結果など紹介させていただきますので、皆様の
  ご来場、お待ちしております。

  ifia JAPAN 2007の詳しいお知らせは
  ⇒ ifia JAPAN 2007 出展告知

  ★日本栄養食糧学会(京都)ランチョンセミナーに協力企業参加報告★

  5月17日(木)~20日(日)、京都にて開催された第61回日本
  栄養・食糧学会大会において、ランチョンセミナー『β-クリプトキ
  サンチンと生活習慣病・最新の疫学研究の知見から』の協力企業とし
  て参加いたしました。
  β-クリプトキサンチンのもつ機能性について、杉浦実先生((独)
  農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所)がご講演されました。
  これまでカロテノイドの中で比較的研究が遅れていたβ-クリプト
  キサンチンの研究について疫学研究を中心とした内容でした。非常に
  わかりやすい内容で会場は大盛況でした。

  第61回日本栄養・食糧学会大会参加報告は
  ⇒ 第61回日本栄養・食糧学会大会 参加報告

  ★うんしゅうみかんエキスの製品特徴★

  日本栄養食糧学会でも一部紹介させていただきましたβ-クリプトキ
  サンチンを高濃度に含有した『うんしゅうみかんエキス』の製品特徴
  を紹介いたします。詳細については近日公開です。

  『温州みかんエキス』の製品特徴は
  ⇒ http://ebn.arkray.co.jp/products/satsuma-mandarin-extract/detail-01/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2.特集
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ★『柑橘類のもつ機能性』★

  果物としてなじみの深い柑橘類について、果実構造や近年さまざま領
  域で研究が行われている機能成分について紹介しています。

  特集記事『柑橘類のもつ機能性』

   柑橘類とは
   ⇒ http://ebn.arkray.co.jp/disciplines/citrus/function-01/

   柑橘類中の機能成分は
   ⇒ http://ebn.arkray.co.jp/disciplines/citrus/function-02/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3.今月のコラム 『京都6月の花 ~紫陽花~』
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  もうすぐ6月ということで、雨と紫陽花(アジサイ)がよく似合う
  季節になってきました。

  紫陽花の属名Hydrangeaは「水の容器」という意味で、原産地は日本
  です。最も一般的に植えられている球状のアジサイはセイヨウアジサ
  イで日本原産のガクアジサイを改良した品種だそうです。

  皆さんもご存知のように花の色はアントシアニンの発色により変化し
  ます。ただ、色は違っても、色素は皆同一で、ある種のアントシアニ
  ン系色素1種だけといわれています。

  その、ある種のアントシアニン系色素が、ある種の酸とアルミニウム
  の相互作用(錯体を形成する)を受けて色の変化を呈するといわれてい
  ます。このアントシアニン・酸・アルミニウムの3者の比率の微妙な
  変化が紫陽花の色に反映しているそうです。

  京都にも紫陽花の名所が多くあります。その中でも、宇治にある『三
  室戸寺(みむろとじ)』は5千坪の大庭園に四季おりおりの花が見ら
  れるので、一名『花の寺』とも言われています。6月1日からは『ア
  ジサイ園』が開園し、30種・1万株のセイヨウアジサイ、ガクアジ
  サイ、カシワバアジサイ、幻の紫陽花・七段花等が咲き乱れます。

  また、6月16日~7月1日の土・日曜日にはライトアップされ、幻
  想的な雰囲気に包まれるとのことです。

  機会があれば、訪れてみてはいかがでしょうか。

  三室戸寺 ⇒ http://www.mimurotoji.com/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■発行者:アークレイ株式会社 からだサポート研究所
 ■http://ebn.arkray.co.jp/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━