混合ハーブエキス「サトナシール」の製品特徴 - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

混合ハーブエキス「サトナシール」の製品特徴

『サトナシール』とは

ハーブエキス『サトナシール』は、3種類のハーブ(フェヌグリーク、フェネル、ハイビスカス)から熱水抽出されたエキスであり、抗糖化作用、糖代謝改善作用、肝機能改善作用などを有する抗糖化ウェルネス素材です。

由来

3種類のハーブ(フェヌグリーク、フェネル、ハイビスカス)を原材料とした、熱水抽出粉末。

フェヌグリーク フェネル ハイビスカス

製品写真

サトナシール

特徴

  • AGEs(糖化最終生成物)を分解することによる抗糖化作用
  • AGEsを分解する酵素(酸化タンパク質分解酵素:OPH)の活性化作用
  • 糖代謝改善作用
  • 肝機能改善作用
  • 糖化を除いて内から元気にする抗糖化ウェルネス素材

用途

  • 抗糖化
  • エイジングケア
  • 糖尿病合併症予防

使用例

サプリメント、健康食品など各種食品に応用できます。

推奨摂取量

100~300mg/日