混合ハーブエキス「AGハーブMIX」の糖尿病合併症予防作用(ヒト臨床試験) - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

混合ハーブエキス「AGハーブMIX」の糖尿病合併症予防作用(ヒト臨床試験)

方法

試験デザイン:12週間連続摂取試験
被験者:2型糖尿病患者7名(男性6名、女性1名)
HbA1c値:5.7~9.2%
試験食および摂取量:AGハーブMIX含有食品(ハードカプセル)
ハーブエキス固形分として240mg/日

臨床試験デザイン

結果

メイラード反応経路の最終生成物(AGEs)の1つであるCML(カルボキシメチルリジン)の血中濃度が12週目に統計学的に有意に減少した。

CMLの推移

参考文献

  1. 日本薬学会第127年会(2007)
  2. 第7回日本抗加齢医学会総会(2007)