温州みかんパルプ「クリプトベータ」のFAQ(質問と回答) - からだサポート研究所

健康食品素材

温州みかんパルプ「クリプトベータ」のFAQ(質問と回答)

商品について

商品の規格、価格は?
以下の内容にて規格しています。

ペーストタイプ : β-クリプトキサンチン 0.18 mg/g 以上
ペーストタイプ : β-クリプトキサンチン 1.0 mg/g 以上

商品の価格に関してはお尋ね下さい。

どのような作用が期待できるのか?

脂質代謝改善作用が期待され、抗メタボリックシンドローム素材としてご使用いただけます。

どこで製造しているのか?

国内の食品メーカーに委託して製造しています。

製造方法は?

ペーストは、みかん果汁製造時に生じるパルプを原材料とし濃縮したものです。
粉末は、ペーストを噴霧乾燥によって粉末化したものです。

原材料の原産地は?

国内の原料を用いています。詳細はお尋ね下さい。

推奨摂取量は?

ペーストは 2.8 g/day以上、粉末は 500 mg/day以上を推奨しています。
(いずれも β‐クリプトキサンチン として 0.5 mg/day相当量)

温州みかん何個分に相当するのか?

β‐クリプトキサンチンとして 0.5 mg は、みかん 1/2個分に相当します。

安全性試験は?

急性毒性、遺伝毒性、ヒトでの過剰摂取試験を実施し、問題ないことを確認しています。

どのような食品に使用できるのか?

ペーストは飲料、ゼリー、ヨーグルト、菓子類、アイスなど明らか食品に向くと考えております。
粉末は、サプリメントに向いていると考えております。

賞味期限、保存方法は?

ペーストは冷凍・未開封で製造より 5年、粉末は常温・未開封で製造より 3年です。

ペーストは水に溶けるのか?

水には溶解しません。詳細はお尋ね下さい。

なぜペーストなのか?

β-クリプトキサンチンは酸素の影響を受けやすいのですが、ペーストの場合はその影響が少なく、β-クリプトキサンチンが安定なためです。

では粉末タイプは不安定なのか?

粉末タイプ製品は脱酸素剤を入れたアルミ袋に密封しておりますので、常温・未開封で 3年はβ-クリプトキサンチンは安定です。

カロリーは?

約0.5キロカロリー/g です。

β-クリプトキサンチンで 0.5 mg 摂取する場合のクリプトベータ由来のカロリーは 1.4キロカロリーとなります。

熱には安定なのか?

β-クリプトキサンチンは熱に対して不安定との情報があります。詳細はお尋ね下さい。

光には安定なのか?

β-クリプトキサンチンは光に対して不安定との情報があります。詳細はお尋ね下さい。

商品パッケージでの原材料表示は?

表示例として以下を推奨しています。

ペーストタイプ : うんしゅうみかん
粉末タイプ : うんしゅうみかん、酸化防止剤(ビタミンC)

サンプルの請求は可能か?
ご提供可能です。こちらよりご連絡をお願い致します。
サンプル請求ページに進む

β-クリプトキサンチンについて

β-クリプトキサンチンとは?

温州みかんに特徴的に多く含まれるカロテノイドです。
β-カロテンと同様にビタミンA効力を有するとともに、水酸基を1つもつキサントフィルでもあります。
血液中の β-クリプトキサンチン濃度と様々な疾患との関連について多数報告されています。詳細はお尋ね下さい。

β-クリプトキサンチンは何に多く含まれるのか?

果物の中では、温州みかんに最も多く含まれます。
その他、ポンカン、パパイア、柿、赤ピーマンなどにも含まれています。

β-クリプトキサンチンは機能性表示食品に対応しているか?

β-クリプトキサンチンを機能性成分として機能性表示食品(「骨の健康」)の届出を行う場合、現在は 3.0 mg/day の配合が必要と思われます。詳細はお尋ね下さい。

「骨の健康」のほかに、 β-クリプトキサンチンにはどのような機能があるのか?

疫学調査を中心とした結果から、以下のような作用が期待されています。詳細はお尋ね下さい。

  1. 肝機能改善
  2. 脂質代謝改善
  3. 内臓脂肪および皮下脂肪低減
  4. 抗メタボリックシンドローム
  5. 抗ストレス
  6. 抗疲労
  7. シミ減少
  8. 尿酸値低下
  9. 冷え症改善