シイクワシャーエキス「ビレチン」の安全性情報 - 機能性食品素材 - アークレイ - アークレイ

機能性食品素材

シイクワシャーエキス「ビレチン」の安全性情報

残留農薬試験

【検体】
シイクワシャーエキス
【試験方法】
321項目農薬分析
【試験結果】
検出されなかった
【試験委託先】
株式会社食環境衛生研究所

急性毒性試験

【試験方法】
ラット雌雄各5匹にシイクワシャー抽出物を2,000mg/単回投与した。
【試験結果】
シイクワシャーエキスを2,000mg/kg用量で単回投与した結果、観察期間中に異常および死亡例は認められなかった。 従って、検体のラットにおける単回投与によるLD50値は、雌雄とも2,000mg/kg以上であるものと考えられた。
【試験委託先】
財団法人日本食品分析センター

遺伝毒性試験

【試験方法】
シイクワシャーエキスについて細菌を用いる復帰突然変異試験(Ames法)にて評価した。
【試験結果】
最高用量5000μg/plateで変異原性を有していなかった(陰性)。
【試験委託先】
株式会社ビー・エム・エル

ヒト過剰摂取試験

【試験方法】
成人男性6名を対象に、シイクワシャーエキスの暫定1日摂取目安量の最大量(130mg)の5倍量を4週間連続摂取し、2週間毎の診察、身体計測および尿・血液検査を実施した。
【試験結果】
医師による安全性判定をおこなったところ、血液検査、尿検査、身体計測および診察において臨床上問題となる異常変動はなく、試験食摂取が原因と疑われる有害事象も認められなかった。
【実施医療機関】
医療法人社団 大林医院(アークレイ社内試験)